膣イキさせる方法は?どんなペニスでもイカせる3つのコツを解説!

セックス

膣イキとは、膣の中で女性をイカせる事を指しています。

そこにはGスポットやTスポット、最近はポルチオなども有名ですが、これらを総称して膣イキとなります。

外イキは一般的にはクリトリスへの愛撫だけとなるので、膣イキの方がバリエーションが豊富な事が分かりますよね。

別名、中イキとも呼ばれていますが、このテクニックをマスターする事で、女性を最高潮の興奮であるオーガズムへ導くことができます。

男性器を挿入してイカせるのに自信がないなら、まずは指テクニックの技を身に付けましょう。
そして、男性器での膣イキテクを身に付けるとあなたも同時に興奮を得られます。

膣イキとは?

普通にセックスをすると、最後は男性器を女性器に入れるので、そこで腰を動かす事で喘ぎ声が聞こえるので、膣イキさせていると豪語する男性もいます。

しかし、これは間違いで、誰でもそれぐらいは出来て当然なのです。

要は、女性を本気で感じさせてオーガズムさせた事が、膣イキの成功となります。
そこには、潮吹きや腰を何度もくねらせるなどの身体的な特徴もあるでしょう。
しかし、これらがあっても本来の膣イキさせたかは、まだ不確かとなります。

何度も実践する事で次第に学んでいきますが、まずは正しい膣イキのテクニックを学びましょう。

膣イキさせるための3つのコツ

膣イキさせる三大テクニックは、個人的には焦らず・指&バイブ、そしてGスポット&ポルチオだと思っています。

もちろん、人によっては違うでしょうし、更なるやり方もあると思います。

でも、いきなり膣イキさせると張り切るよりも、まずは落ち着く事が第一となります。

だから、アダルト動画などでも経験豊富な男優の方が、女優も気持ちよさそうですよね。
ここには、激しい腰使いよりも重要なものがあるのです。

1.挿入前に感じさせる

女性が感じる前に、また濡れる前に激しい指使いや挿入はダメです。

相手が気持ち良いではなく、痛くなるだけで、これでは膣イキから遠ざかるだけです。
本当に膣イキさせたいなら、まずはキスや胸へのタッチなどの愛撫を大事にしましょう。

ここで、気持ち良くさせるだけでなく、リラックスさせる事で膣イキしやすくなります。
また、フェラなども我慢して、膣イキさせてからしてもらう方が、相手も丁寧にやってくれます。

2.指やバイブに頼るのもあり

愛撫を丁寧にしたら、さあ挿入して膣イキさせると腰を動かしたくなりますよね。

でも、あなたが経験豊富で何度も膣イキさせているなら、それでも良いですが、もしまだ試行錯誤の段階なら、挿入前に指やバイブに頼りましょう。

これらで膣イキさせる事で、挿入でも膣イキしやすくなる敏感な体となります。
また、膣イキさせる際に、クリトリスや胸などへの同時攻めも効果的なのは、この辺りは反応を確かめつつ実践しましょう。

3.Gスポットとポルチオをマスター

具体的に膣イキさせる方法として、Gスポットや奥Gスポット、さらにTスポットや奥裏Gスポット、最近はポルチオなどの場所があります。

これらを全て覚えるのが無理なら、まずはGスポットとポルチオだけを覚えましょう。
これだけでも、普通のセックスなら上級者となれます。

Gスポットの場所は、正常位の形で指を入れて、3センチ程度の先の上部となります。
コツとしては、男性器を入れるなら、角度を気にしましょう。
だから、指が簡単となります。

ポルチオは、その先で一番奥と思っても間違いありません。
だから、コツを掴むまではGスポットとポルチオの同時攻めがよろしいですね。

膣イキの注意点

注意点はあまりないですが、最初から激しい指やバイブ使いはダメとなります。

要は気持ち良くさせたいあまり、濡れていない状態での激しさは痛いだけとなります。
だから、愛撫の段階で気持ち良い時の表情を確認するのが大事なのです。

後は、潮吹きしやすいタイプもいて、これと膣イキが混在する事もありがちです。
確かに、膣イキする時に同時に潮吹きする女性もいますが、そうではないタイプも多く、これが男の射精との違いなのです。

コツとして、潮吹いた後も余裕があり、求めているなら指や腰使いを少しだけ早くして様子をしましょう。

膣イキの体験談

セックス経験が少ない男性だと、毎回挿入しているので膣イキさせていると思い込みがあります。
でも、これは間違いで、男でも射精したからといって最高に気持ち良いかと問われると、状況次第ですよね。

私もそんな一人で、膣イキさせていると思い込んでいたのですが、テクニックを身に付けて本当の膣イキさせているか分かるようになりました。

簡単に言うと、本当の膣イキと嘘のイッたフリでは、その後の態度が違ってきます。
グッタリして、その後に笑顔で甘えてきて、キスやもう一回とお願いするなら、ほぼ確実に膣イキさせたといえます。

しかし、グッタリもなく、スグにシャワーや或いはフェラをしてくるようなら、それはイッていません。

だから、よく使ったのは、自分が射精して女もイッたと思ったら、雰囲気からイッていないと分かった時は、そこから指を使って膣イキさせるのです。

これは抵抗ある男もいますが、挿入して腰を振ったので、半分ぐらいは膣イキしやすくなっているので、実は簡単にイカせられるのです。

また、男がイッたのにそれでも攻めてくる優しさが、嬉しく感じてイキやすくなっています。
だから、男が早漏気味でも焦る必要はありません。
射精しても攻めるのです。

膣イキは気持ち良い!

膣イキをマスターしていない男は、ハッキリ言って童貞と差がありません。

世の男は、セックス経験人数を競いますが、でもいくら人数が多くても、相手が気持ち良くないなら無駄なセックスというだけでなく、あなたもテクニックを磨いた事にはなりません。

だから、膣イキをさせた人数こそが、本当のセックス経験人数となるのです。
膣イキさせると分かりますが、その後の女性の本当の表情を垣間見る事ができます。
これを知らないで、セックスしたとは言えません。

何よりも、膣イキをする事を女性側が求めているので、それに応える必要が男にはあります。