チクニー(乳首オナニー)のやり方・開発方法を解説!男でも本当にイケるようになる?

オナニーの方法

みなさま、日々素敵なオナニーライフを送っていますか?

おそらく、多くの人が「性器」のみの刺激によってオーガズムをむかえているでしょう。

もちろん、それでも十分だと思うのですが「性器」の刺激以外でもオーガズムをむかえ、気持ち良くなることができたらすごいと思いませんか?

ここでは、性器への刺激ではなく、乳首の感度をMAXにして乳首を刺激して気持ち良くなる「チクニー」についてご説明していきたいと思います。

日々のオナニーマンネリを防ぐ、新たな性感帯の開発によって新感覚のオーガズムを是非味わってみてください!

一度、コツをつかめば病みつきになること間違いなしです。

チクニーとは?

そもそも、チクニーとは「乳首オナニー」の略称です。

その名の通り、乳首を刺激してオナニーをする行為のことを指します。

基本的には、自分の指やおもちゃを利用して乳首を刺激して気持ち良くなります。

女性であれば、最初から乳首の感度がかなり高いので(個人差はあります)特に特別なことをしなくても気持ち良くなることは容易です。

しかし、男性が乳首で気持ち良くなるには、乳首の感度をMAXにして乳首を性開発することが必要になります。

未開発の状態だと、ただただくすぐったいだけで中々気持ち良くなれません。
なのでチクニーで気持ち良くなるには「乳首開発」が必要不可欠となります。
要するに乳首の感度をMAXにするということです。

「乳首開発」さえ出来てしまえば、チクニーでオーガズムを迎えることができるのです。
マスターしてしまえば、味わったことのない新感覚の気持ち良さの虜になることでしょう。

チクニーのやり方を3STEPで解説

それでは、ここからは実際にチクニーのやり方について詳しく解説していきたいと思います。

チクニーで気持ち良くなるために重要な「乳首開発」のやり方を含めて3STEPに分けて
細かく丁寧に解説していきます。

飛ばさずに、必ず手順通り進めて最高のチクニー技術を会得してください!

  • STEP1:乳首開発について
  • STEP2:乳首開発の方法
  • STEP3:チクニー実践

STEP1:乳首開発について

まず乳首開発によって、乳首感度をMAXにすることがチクニーをしていく際に最も重要なこととなります。

男性の乳首は、女性の乳首に比べて感度が圧倒的に低いのです。

ですが、乳首開発をすれば感度を女性の乳首と同じくらいまで引き上げることが可能です。
「乳首を常に刺激して経験値を貯めていくこと」これが乳首開発の手段です。

STEP2:乳首開発の方法

乳首開発のやり方には大きく2つの方法があります。

乳首開発グッズを使う方法と手を使って行う方法です。
ここでは比較的かんたんに行うことのできる手で行う方法を解説します。
まずは

・乳首を指で優しく挟んで、左右にコロコロ回転させる
※40秒〜180秒ほど刺激を与える程度で大丈夫です。

・上記の方法を1日に2〜7回
「やり方」で説明した手法を、1日に2~7回ほど毎日行います。

・上記の方法を2〜4日ほど行って→チクニー実践→8〜24時間休憩

これらを根気よく続ければ徐々に感度が上がっていきます。
続けることが大事です。
未知の快感を手に入れるためであればさほど苦にはならないでしょう。

STEP3:チクニー実践

1.リラックスします
仰向けになってリラックスしましょう。

2.乳首を勃起させます
優しく乳首と、乳輪をなぞって勃起させましょう。

3.乳首を指で優しく挟んで、ひねります。
勃起した乳首を指で優しく挟んでください。
そして、30秒〜90秒くらいコロコロ乳首を回して、優しくひねってください。
※感度が鈍ってきたら休憩してください。

4.ひたすら繰り返します。
乳首をコロコロひねって、感度が鈍ってきたら休憩をひたすら繰り返します。
乳首の開発具合によって回数には個人差があります。

5.気持ち良くなってきたら、休憩をなくしていじってください。
気持ち良くなってきたら、休憩を挟まず「3分以上」刺激を与え続けます。
続けていくと、ふわーっとした状態になり
オーガズムをむかえることができます。

新感覚の気持ちよさを感じることができるでしょう。

チクニーの注意点

チクニーの最大の注意点は「乳首開発」を諦めてしまうことです。

乳首の感度が十分に発達していないと、なかなか気持ち良くなることができません。
なので、根気良く「乳首開発」を貪欲に続けることが大事です。

とにかく、普段から乳首のことで頭をいっぱいにして、乳首いじりを続けるのです。
気持ち良くなるためにどこまで貪欲になれるかが、チクニーで気持ち良くなるための最大の注意点と言えるでしょう。

最高のオナニーライフを過ごすためにも是非とも諦めずに続けて欲しいです。

チクニーをやってみて:乳首開発の日々

私がチクニーを経験したのは実は高校生の頃です。

誰よりもオナニーにかける思いが強かったのは当時から変わりません。
とにかく、毎日乳首開発のために乳首いじりを習慣化しました。

朝起きたら乳首いじり、食後に乳首いじり、おやつの乳首いじり、、、
というように貪欲に「乳首開発」に取り組む日々でした。

最初は、なかなかオーガズムを感じることはできませんでしたが
繰り返すことによって確実にコツをつかむことに成功しました。

今では、当たり前になってしまったチクニーですが「乳首開発」のされていない
人生なんて考えられません。

一度、ハマってしまったら病みつきになるだけでなく
実際に対人で行為をするときも乳首でイクことができるのはかなり大きなメリットだと思います。

チクニーは気持ち良い

みなさま、チクニーに対する好奇心は芽生えましたでしょうか?

新感覚のオーガズムを経験したことがあるかないかで、人生観さえも変わってしまうのではないでしょうか?

チクニーをすることによって女性ホルモンが多く分泌されるという
話を聞いたことがあります。

それが理由かはわかりませんが、チクニーマスターになってから
女性から「安心感」を感じられることが多くなったように思います。

気持ち良いオーガズムだけでなく、人間関係も円満になり
人生観まで変わってしまうチクニーを是非みなさん会得してみてください。
チクニーによって気持ちの良い人生、オナニーライフを過ごしてみてくださいね。