俵締めのマンコは気持ち良すぎる?名器の3つの特徴を解説!

マンコの種類

女性器の名器の一つに「俵締め」という物があります。

名器を持つ女性とのセックスは男性も興奮して、相乗効果で女性も気持ち良いセックスができます。
俵締めは名器の中でも評判の高く、男性にとっては人生で一度でいいから出会いたい憧れです。

自分の女性器が名器かどうかは生まれつきで決まってきますが、俵締めだけは後からでもなることができます。

その俵締めの特徴や作り方を知って、もっと気持ちの良いセックスをしたくありませんか。

俵締めとは?

俵締めとは、女性器の名器の一つです。

名前は文字通り米俵から由来しています。
米俵は米の入ったわらで作った袋を数か所を縄できつく縛ります。

きつく縛った縄のように膣内で数か所男性器を締め付ける部分が有ることから俵締めと呼ばれています。

名器をいくつかありますが、俵締めは名器の中でも有名で気持ちが良いと知られます。
特に膣内で3箇所締め付ける所がある三段締めは名器中の名器として呼ばれ、男性からしたら一度で良いから経験したい憧れです。

俵締めの特徴3つ

どういう膣が俵締めというのか、俵締めの3つの特徴について解説します。

この3つに当てはまるなら、その女性器は俵締めと呼んで間違いないでしょう。
俵締めには二段締めと三段締めがありますが、それぞれも解説します。

特徴1:膣口の締めつけ

俵締めには二段締めと三段締めの2つのタイプがありますが、共通する特徴は膣口の強い締締め付けです。

男性器を挿入した時と、奥まで挿入した時に根本の部分に強い締めつけを感じます。
膣口の締めつけは女性自身でも確認がしやすいので、指などを挿入して確認できます。

特徴2:二段締め

二段締めは、膣口と膣奥の2箇所に締めつけられる部分があります。

男性器を奥まで挿入した時に、根本と亀頭部分に強い締めつけを感じます。
三段締めと違い中間の竿部分の締めつけはありません。

先天性の三段締めと違い、膣の筋肉を鍛え膣の締めつけを良くするば誰にでも二段締めになるチャンスはあります。

特徴3:三段締め

三段締めは、膣口と膣奥と中間あたりの3箇所に締められる部分があります。

男性器を奥まで挿入した時に、根本と亀頭と竿部分が締めつけられます。
ピストンをした時に締めつけられたり、緩められたりの強弱の感覚で強烈な快感を感じます。
三段締めは生まれつき持っているものと言われています。

俵締めの調べ方

俵締めの特徴の膣の入り口の膣口の締めつけは指で確認することができます。

ローションや愛液でしっかり濡らした女性器に指を挿入して締りを確認しましょう。

膣を締めつける力を入れて、膣口を強く締めることができたら締めつけは強いと言えます。
中の締めつけは男性でしか感じることができません。

男性に中の締めつけが良いか直接聞きましょう。

締りが強いかわからない人は三段締めをモデルに作ったオナホールも売っているので、購入して確認して見るのも良いと思います。

俵締めになる方法

膣の締めつけは、骨盤底筋と呼ばれる肛門や膣周りの筋肉を鍛えることで強くすることができます。

膣トレなどと呼ばれたりもして、出産をした女性の方なども行ったりもしますね。
膣に力を入れるトレーニングをして膣を締めつけることができるようにしましょう。

実際に膣に指を入れて、膣を締めつける感覚を感じながら筋肉を鍛えます。

クリトリスなどの性感帯を触られて、体がビクッと力が入る時などにも膣が締めつけられます。
その感覚で膣の筋肉を鍛えれば、通常の締まりも良くなります。

俵締めマンコの持ち主との体験談

実際私も俵締めの持つ女性とセックスをしたことがありました。
あの時の感覚は忘れられません。

愛撫の段階から締まりが良いことは感じていたのですが、男性器を挿入した時に予想以上の感覚に驚きました。

ピストンをした時は最高の快感を感じ私の物は固くなりっぱなしで、それが良かったのか女性も方も濡れまくりで、さらに強い快感を感じました。

その女性とはただの成り行きでセックスすることになっただけだったのですが、その快感が忘れられず、それから何度もその女性を求めるようになりました。

俵締めのマンコは気持ちよすぎる

女性器の名器として名高い俵締めは、膣内で数か所男性器を締めつける部分があります。
特に膣の入り口と膣奥と竿部分の3箇所を締めつける三段締めは名器中の名器と呼ばれます。
俵締めは膣の締めつけが特徴です。

膣周りの筋肉を鍛えることで膣の締まりを強くすることができれば、誰でも俵締めの膣を持つことができます。
名器を持つ女性とのセックスは、男性にとって激しい快感を与えてくれ、セックスも激しく快感のあるのものになるので女性にとって非常に良い物です。