立ちバックでセックスを楽しむ3つのコツ!女性は感じやすいの?

セックス

四十八手という言葉を聞いたことがある方も多くいると思いますが、セックスをする時には非常にたくさんの体位があります。

向かい合ってする正常位だけでなく、騎乗位やバックや対面座位など様々な体位があって人によって好きな体位は様々ですが、今回はそんなたくさんある体位の中でも男性に特に人気の高い『立ちバック』について、やり方やコツ、注意点などをご紹介していきたいと思います。

非常に簡単にできる体位なので是非参考にしてみてください。

立ちバックとは?

まずは立ちバックとはどういうものか説明したいと思います。

立ちバックとは四十八手の中では後櫓と呼ばれ、別名背面立位や立ち後背位とも呼ばれる体位です。
お互いに立ち上がっ他状態で女性がお尻を突き出して後から挿入する体位になります。

女性は壁に手や床に付いて体を支えた状態で行うことが多いです。

大きく分けるとバックの中の一つではありますが、お互いが立ってするという特徴があり主に男性が主体になってピストンする体位です。

立ちバックのやり方を解説

続いて立ちバックをやるときの手順について3段階にわけて説明していきたいと思います。

それぞれにコツやポイントもあるのでそれらも一緒に説明していこうと思います。
男性が主体の体位になるので男性側が女性をリードしてあげるようにしましょう。

1.立ちバックできる場所に移動する

まずは立ちバックをしやすい場所に移動しましょう。

体位の中でも激しめのものになるのでベッドの上など不安定な場所では危ないです。
また身長差があったりすると挿れにくかったりもするので少し段差があるところを探すか、男性が足を大きめに広げてあげたり女性が足を狭めることで高さの調節をすることができます。

2.女性の膣へ挿入

やりやすい場所へ移動したら挿入です。

女性にお尻を突き出すようにしてもらい男性がペニスを持って膣へと挿入してあげましょう。
膣は立ってお尻を突き出してもらった状態ですとかなり下の方にあるので、間違ってお尻の穴にいれないように注意しましょう。

3.腰を持ってピストンする

女性の腰をしっかりと持ってあげてピストンしていきます。

前後にピストンすると深い挿入感を得ることができます。
自分の腰の高さを変えて挿入する角度を変えてあげると、膣内で刺激される部分が変わってくるのでメリハリをつけることもできます。

立ちバックの注意点

立ちバックはどんな場所でもすぐに挿入しやすく行為に及びやすい体位ですが、だからこそしっかりと前戯をしてあげるように意識しなければなりません。

膣が濡れていない状態で挿入して立ちバックで激しくピストンしたりすると女性の膣が切れてしまって出血することもあります。

野性的な体位だからこそ前戯は優しくしてあげることでエッチ自体にメリハリもついて盛り上がりやすくなります。

また、女性は楽な体勢とはいえないため長い時間立ちバックをすると疲れてしまいますし、行為をしながら立っていること自体が難しいという人もいるので二人の意思を通わせた上ですることが大切です。

立ちバックの体験談

僕はバックよりも立ちバックの方が先にやりました。

というのもやはりどこでも挿入しやすいからというのが理由で、初めてやったのは彼女と一緒にお風呂に入っていてそこでエッチな雰囲気になってそのまま挿入という流れでした。

初めての時は膣の場所がわからなくてなかなか挿れることができませんでした。

挿れてみると正常位とは全然違う挿入感で、前後に動かしやすい体位だったので非常に刺激が強くて初めてした時はすぐにいってしまいそうになりました。

その後慣れてきたら、バックで突きながら胸を揉んだり前から手を回してクリトリスを触ってあげたりすると女性がすごく感じてくれるので、それ以来ハマってしまっていつものエッチの一連の流れの中の1つの体位に定着しています。

立ちバックは刺激的な体位だけど

いかがでしたでしょうか。
立ちバックのやり方やポイントについてご紹介でした。
男性は好きな人が多い体位ですが女性は意外と体位が辛かったり刺激が激しすぎたりするので苦手な人も多い体位だったりもします。
また顔が見えなくて密着感も少ないためあまり好きではないという女性も多くいるので、時にはこういった激しい体位も興奮するのでよいですが、お互いの好みを知った上で前戯を十分にしてからするようにしましょう。