【寝取られ体験談】取引先の上司に寝取られた話

エロ体験談

私は結婚していて、まだ子供はいなくて家に居るのも嫌なので、会社に勤務して事務の仕事をしています。

私は元々大人しい性格です。
そのため、男の人と話のが苦手でした。

でも、自慢ではないのですが、男の人から声を掛けられるのが凄く多くて、色々な体験もしてきました。

私は、自分の体に自身がないのですが、体中が異常に敏感なせいか、それのせいか男の人にスキを作ってしまい、流れでエッチしてしまう事も多かったです。
先日話なんですけど、営業部の男の人に頼まれて、取引先の人と一緒に飲む事になりました。

取引先の担当の人が、うちには男の社員しかいないから、たまには女の子いっぱい連れて飲み行きたい!と言っていたので、接待がてら会社の女の子を誘うことになったそうです。
あまり女の子が集まらないらしくて、私の旦那も飲み会とかにうるさいタイプでは無いし、会社に泊まる事が多いので、大丈夫かですよと伝え参加することにしました。
そして予約した居酒屋さんに行き、個室で待っていました。

結局女の子は4人集まって、営業の男の人2人と6人で待っていると、取引先の担当者があと2人男の人を連れて入って来ました。
全部で9人集まって、飲み会が始まりました。

私たちはコンパニオンの様にお酌をしたり、隣でお話をしたりしていましたが、あまりやらない事なので、楽しくなって来てしまいました。
そして私も調子にのって、いつもより喋っていたんだと思います。

営業先の一番偉いかたで40代の人が私を気に入ってくれて、隣に座らされて話をしていました。
その人は酒乱気味の人で、最初は紳士的だったんですけど、後半はちょっとエッチなおじさんになっていました。
そして段々私の足とかを触ってきたりしていました。

しばらくして、いきなり耳を触られた時に思わず反応してしまって声が出てしまって、そのかたは凄く喜んでいました。
私は誤摩化そうとしてすいません私体が敏感なんです、と冗談っぽく言ったらもっと興奮してしまいました。
今思えばこれがスイッチを入れてしまった瞬間かもしれません。

その後も腰や手などちょこちょこ体を触ってきました。
私は、ニコニコしながら対応するのが精一杯でした。

そして皆酔っぱらったので、お開きになりました。
皆はそれぞれ自宅へ帰りましたが、私が帰ろうとすると、そのかたがタクシーで一緒に送ってくよ、と言い出しました。
私は大丈夫ですよ!と言ったのですが、凄く強引な人だったので無理やりつれていかれました。

皆と別れる前に営業の人から失礼の無いようにマジでお願いしますよ!と言われていたので慎重に対応しなければとおもいでした。
そして、カラオケ行こうか?と言い出して、強引にカラオケに行く流れになってしまいました。
二人で歩きながらカラオケボックスを探していると、勝手に手を繋いで歩き出しました。

私は、嫌でしたが、取引先の偉いかただったので怒らせてはダメだという気持ちでいっぱいでした。
その方は、とても上機嫌で、どんどん腰やお尻を触ってきて歩き出していました。

私は泣きそうになりながらも断ることが出来ず、ずっと我慢していました。
しばらく行くとゴージャスなお城っぽい建物に入って行きました。

私は途中まで全然気が付かなかったのですが、フロントでカードキーを渡されたのを見た時にカラオケボックスじゃないと思いました。
私はまんまとラブホテルに連れ込まれてしまいました。

それでも私は、ここカラオケボックスじゃなくてホテルですよね?と言いました。

すると、カラオケするだけだからと言われて部屋に入りました。
部屋に入ると一応カラオケを歌ったんですけど、そのかたはぴったり私に寄り添って座っています。

何故か部屋の温度が異常に暑くなってきて、このかたは、上半身裸で、私もジャケット着ていると汗が凄いので、ジャケットを脱いでカットソーになりました。
今思えば、エアコンを操作した気がします。

私のカットソーはセクシーな物ではないんですけど、首周りが大きくカットされているので、胸元から肩にかけて、首筋まわりが露出している感じです。
それでふざける感じで首筋を触ったり、キスをしてきます。

私も凄く嫌なんですけど、体が勝手に反応してしまって、ビクビク反応してしまいました。

たぶんそれを見て興奮したんでしょうか、いきなりカラオケを無視して後ろから抱きついてきまししまいました。
そして、そのまま私が抵抗していたのですが、何もしないからキスだけさせてと言われました。
私は、嫌でしたが、それで終わるならと思いキスすると、何度もキスをされました。

そして、そのまま何もしないから、胸だけ見せてと言われました。

そしたらもう、帰ると。

それで、胸を見せると、その方は吸い付いてきたのです。

それで、約束が違うというと、そのまま力ずくでベットに押し倒されて、身体中舐められてしまいました。

あまりにねっとりと舐められて、感じてしまった私はそのまま抵抗もせず朝までしちゃいました。