ミミズ千匹ってどんなマンコなの?気持ちよすぎて絶頂した体験談!

マンコの種類

男性であればミミズ千匹の女性にどうにかお相手してもらいたいですよね。

どんなに遅漏の方でも数分持たないと噂の名器を呼びますが、私も一度だけ出会ったことがあります。

快感天にも昇るほどとは、このことを例えているのではと思うほど気持ちがよかった記憶があります。
今回はそんなミミズ千匹について解説をしたいと思います。

ミミズ千匹とは?

女性器のことをミミズに例えて呼ぶ風習は古く江戸時代から続いているとされています。
膣のヒダがミミズに似ていることからそう呼ばれているそうです。

一般にミミズ千匹とは、女性の膣のヒダの数が二倍以上ある場合を指しますが、それ故に、男性器が擦れる摩擦も二倍以上。

よって、快感はその数倍だともいわれているのです。

ミミズ千匹の特徴3つ

ミミズ千匹の特徴は、ヒダの数、膣の動き、愛液のまとわりつきやすさの三点です。

これから、それぞれの特徴について解説していきたいと思います。

特徴1:ヒダの数が二倍以上

これが最も有名な特徴です。

ヒダの数が通常70~100と呼ばれていますが、ミミズ千匹をお持ちの方は150~200と呼ばれています。
約二倍のひだがまるでミミズのようにうねうねと動き、男性器にまとわりつくことで快感を高めていると言われています。

特徴2:柔軟な膣の動き

あまり有名な話ではありませんかミミズ千匹をお持ちの方の膣はとても柔軟性を持つとされています。

これは、ヒダの数が多いことと関係があります。
イメージとしては、洗濯機のホースのヒダが多いとそれだけ可動域が大きくなりますよね?可動域が大きい膣は男性器により密着してまとわりつくので快感を上げる要因となっているのです。

特徴3:女性の愛液がまとわりつきやすい

ミミズ千匹をお持ちの方と生ハメをしたことかある男性は理解いただけると思いますが、ヒダが多いことでより愛液で満たされた状態となります。

もちろん、濡れているほど、快感は増しますのでこれもミミズ千匹ならではの特徴といえると思います。

ミミズ千匹の調べ方

都市伝説として、肌質がよい女性や、手のひらが湿っている女性は名器である可能性が高いとされています。

が、正直根拠に乏しいと思います。

やはり、実際に触ってみないと分からないというのが現実だと思います。
触ればすぐに分かるはずですね。

指を入れてすぐのざらざらしたヒダの部分が異常に多く、膣内部もうねうねしています。
ある程度女性経験がある方であれば触り心地の違いにすぐ気付けると思いますね。

ミミズ千匹になる方法

正直なところ、ミミズ千匹は食事や運動なとで得られるものではありません。

もって生まれた先天性のあるものだと理解してください。
女性にとって、一番大好きな男性に快感を与えたいと思う気持ちは理解できますが、前提としてもって生まれたものであることを理解しましょう。

しかし、ミミズ千匹は男性器をまとわりつき、適度な密着感があると言われていますので、膣内トレーニングをすることで男性に快感を与えることはできると思います。

ミミズ千匹の持ち主とのセックス体験

私がミミズ千匹をお持ちの女性とあったのは恥ずかしながら風俗関係でのことでした。
外見からは普通の女性に思いましたが、指を入れるとすぐにわかりました。

うねうねと柔軟に動く膣と明らかに多いヒダの数。
その時点で心のガッツボーズをかかげましたね。

女性に対して全力で前戯をして、挿入時は交渉を重ね生ハメをすることができました。
本当に男性器がヒダに絡め取られる快感で数回コスッタだけで逝きました。

逝った後もぐんぐん元気を増して、初めて抜かず連続ピストンで3回も逝くことかできました。

まとめ:ミミズ千匹は持つて生まれた名器です

これまでに解説した通り、ミミズ千匹は圧倒的な快感を与える女性の名器てす。
男性であれば是非とも一度はお相手したい。

そんな想いを馳せていることでしょう。

しかしながら、こればっかりは縁と出会いだと思いますので出会った場合は一生に一度の出会いだと絶対に放さないことをおすすめします。
今回は、ミミズ千匹について解説しました。