クサマンは1度のセックスでトラウマになる?ヤル前にクサマンを見分ける方法!

マンコの種類

どんなに可愛い子でも、実はクサマンの可能性があります。

この方が顔が可愛い分、裸にした時のショックは倍増です。

そうなる前に予防策として、クサマンの判断がある程度は可能です。

このくさまんとは、風俗嬢などプロは少なく、素人ほど多いとされます。
それは、最悪のクサマンは本人が気が付かない事なのです。

本人が気付けば、香水や消臭など予防法がありますよね。
そこで、こんな女はクサマン!とされる条件や、注意点を紹介していきます。

クサマンとは?

クサマンを知らない人はいないでしょう。

その意味は、女性器がとても臭い事を指しています。

中には、舐めようと顔を近付けただけで、とんでもないマン臭を漂わせる強者もいます。

それを表現するなら、生ごみ・排水・腐ったチーズや牛乳・腐った生魚など酷い表現がいくつもあります。
しかし、実際にクサマンに当たった事があるなら、これらが強ち的外れと言えないほど、納得してしまうのです。

クサマンを見分ける特徴5つ

クサマンの見分け方を紹介しますので、これを参考にすれば、絶対とは言えなくても、予防法としては効果的だと思います。

もちろん、隠れクサマンや体調などによって、前回は大丈夫でも今回はクサマンという事もあるので、そこは理解して下さい。

特徴1:ワキガは絶対注意

クサマンの絶対条件として、ワキガならマン臭も強烈な可能性がかなり高いです。

そもそも、ワキガの女と付き合ったり、セックスをしないと思いますが、興味本位から行為に及ぶこともあります。
また、元ワキガの場合は手術跡が残るので、そこを確認するのも作戦です。

特徴2:脂性にも注意

夕方などになると、髪がべた付く人も最近多いですよね。

これは脂性の可能性が高く、このタイプで汗っかきなら、クサマンの危険性が一気に高まります。
サラサラヘアが人気あるのは、クサマン女だと思われない様な対策という面もあるのです。

特徴3:不潔女も危険

不潔な女は、その見た目からクサマンだと思われます。

このタイプは、風呂に入る事を面倒がり、下着なども同じで平気と言い張ります。
しかし、風呂に入って、きちんと体を洗えば、クサマンが解消される可能性もあります。
面倒な性格で誕生した、人工クサマンと言えます。

特徴4:汗っかき

夏は汗を掻きますし、多少マン臭がしても仕方がないです。

でも、冬も汗っかきなら、ちょっとクサマンの危険性があります。
判断材料として、ラーメンなどを食べに行き、冬でも汗を掻くようなら、クサマンポイントが高いです。
これも代謝が良く、感度は良いと言えますが、反面クサマンかも?

特徴5:汗の臭いにも注意

汗っかきでも、その汗が臭くなければ問題ありません。

マン臭がしても、シャワーで落とせれば、まったく苦ではないですよね。
男が嫌うクサマンとは、石鹸よりも強力なクサマンなのです。
汗を掻いたニオイを確かめ、それが臭いなら、クサマン可能性が一気に上がります。

クサマンとヤル際の注意点

クサマンでも風呂に入れば臭い消えるなら、まったく問題ありません。

危険なのは、石鹸よりも強力な天然クサマン女です。
しかし、皮肉な事に、そんな女との方が、カーセックスなどのチャンスが巡ってくるのです。
暗黙の了解で、フェラしてもらったらお返しでクンニがありますよね。

そこで、相手がクサマンだと途中で気がついたら、フェラは我慢しましょう。
フェラをして貰わなければ、こちらもクサマンから一歩距離を置けます。

そして、消臭剤や石鹸など何でも良いですが、少量をバレないように塗布するのも作戦です。

クサマンの体験談

一度だけ、本当の隠れクサマンに当たった事があります。

顔は可愛く、やっと口説いてセックスが出来る環境が整ったのに、それは今までの女とは比較にならない臭さでした。

その子は面倒臭がりで、冬などは数日に一回風呂に入ると言っていました。

また、LINEやメールの返信も遅く、そこにも性格が出ています。
クサマンだったのでショックでしたが、私はクンニが好きではないので、ラッキーとも思いました。
ここで執拗にクンニを要求されたら、気が弱い男性なら、耐えるしかないですね。

まとめ:クサマンの見分け方などの総評

以上がクサマンに対する、個人的な見解となります。

クサマンには他にも、生理や性病などもありますが、これらは天然クサマンとは違うので、除外しました。

顔が良い、スタイルが良いなど、女の武器を持って子ほど、実はクサマンという事があります。
紹介した見分け方を参考にしたり、対策を練るとクサマン女も克服する事ができます。
外見良いのに、男性経験が少ない女っていますよね。

実は隠れクサマンかも知れないので、興味があるなら口説くのもありですね。