後背位でイカせまくる3つのコツ!突きすぎると子宮を傷めてしまう?

セックス

セックスをする時に、すごく気分が盛り上がっていたり、時にもう少し野性味のあるプレイをしたいと思ったら、正常位や騎乗位などでは物足りないと思うカップルもいます。

そんな時により興奮できる体位として後背位(バック)があり、カップルならば一度は試して欲しい体位です。

より刺激的で、本能の赴くまま攻めのセックスができて達成感が得られることで人気があります。
後背位のやり方と注意点について紹介しますので、是非参考にして下さい。

後背位とは?

後背位とは、バックとも呼ばれ、女性が四つん這いになり、男性が後ろから挿入する体位です。
動物の交尾と同じやり方で、他の体位よりもより膣の奥深くまで挿入できることから、刺激や快感が得られます。

女性で性感帯が膣の奥の子宮の入り口付近にある人もいて、正常位や騎乗位では得られない程の気持ち良さがあります。

その気持ち良さから女性器の締まりが良くなり、男性も快感を得られます。
また、お互い犯し、犯されているという気持ちになる為に普段以上に興奮できるというメリットもあります。

後背位のやり方を3TEPで解説

後背位は、立ったまま女性を前かがみにさせて行ったり、座って行う方法などがあります。

初めて挑戦するならば、最もオーソドックスな女性を四つん這いにさせて挿入する方法がおすすめです。
やり方については以下の様になります。

  • STEP1: 女性を四つん這いにさせる
  • STEP2: 挿入する
  • STEP3: ピストン運動する

STEP1:女性を四つん這いにさせる

気持ちが高まっている時には、最初から後背位にしても構いません。

しかし前が見えなくなるので、前戯をしっかりとしておくことが大切です。
手で十分女性を気持ち良くさせておき、女性を促して四つん這いになって貰います。

STEP2:挿入する

女性の腰をしっかりと両手で支えて挿入します。

後背位は女性にとってはかなり刺激の強い体位ですので、一気に根元まで挿入するのではなく、少しずつぐいぐいと深く押し入れていくのがコツです。
女性が痛がるようならば、一度抜いてから再度挿入するとスムーズです。

STEP3:ピストン運動する

ある程度挿入できたら、ゆっくりと腰を前後に動かします。

急に奥まで突いてしまうと動かした時に女性が痛がるので、反応を見ながら奥まで突き進めていきます。
腰の動きを少しずつ早めていくと、刺激により痛みが緩和されます。

後背位の注意点

後背位は刺激が強い体位ですので、男性側が注意する点があります。

強く突き過ぎないこと

女性の奥深くまで挿入できるとあり、男性としてはより強く、奥まで入れて快感を得たいと思います。

しかしあまり強く突き過ぎてしまうと、女性の内臓に刺激が強くなり、痛みを感じてしまうのです。
最初はゆっくりとペニスを抜き差ししながら、女性の様子を見て深く挿入する様にしましょう。

間違えないこと

一度ペニスが抜けてしまい、慌ててもう一度入れようとすると、アナルにハマってしまうことがあります。
中には気持ちが悪いと感じる女性もいますので、注意しましょう。

【後背位体験談】レイプされているみたいで興奮する

お酒を飲んで二人共すごくいい気分だったので、とにかく一気に攻めたい気分になりました。
彼女も「やめて」といいながらも大人しく四つん這いになってくれました。

最初に挿入した時には、彼女がちょっと痛そうに腰を引いたので、まずは指で穴を慣らしてから挿入すると、スムーズに入れました。

少しでも腰を動かすと彼女がすごく大きな声でよがってくれたので、こっちもかなり興奮しました。
ベッドの正面に鏡があり、突く度に彼女が自分の顔を鏡で見てより興奮しているのが分かりました。
最後の方は奥深くまで何度も付き、彼女も大声で泣き叫んで喜んでくれました。

彼女も自分で知らないうちに腰を振ってくれていました。
終った後、彼女が「まるでレイプされているみたいで、すごく興奮した」と言ってくれました。

後背位は気持ち良い

後背位はとても野性味があるプレイです。

パートナー次第では、お互い合意の上でレイプの妄想をしながら興奮度マックスのプレイが楽しめます。

女性のバストが見えないというデメリットはありますが、鏡を使えば揺れるバストが見えて興奮度も高まります。
お尻が見えて触り放題、というのも男性にとっては視覚的にも嬉しい効果があります。
男女ともに気持ち良くなれる体位ですので、気分が盛り上がっている時には是非試してみると良いでしょう。