【男性必見】浣腸オナニーのやり方は?射精と排便の快感を体験談から解説!

オナニーの方法

男性ならだれでもオナニーをすると思いますが、ほとんどの人がエッチなビデオや本を見ながらアソコをシコシコするというのが一般的だと思います。

しかしそれではだんだん飽きてきて、なにかもっと気持ちいい方法は無いのかと考えている人も多いといわれています。

最近はTENGAなどもありますが、あまり知られていないけれど比較的簡単な「浣腸オナニー」を紹介したいと思います。

浣腸さえあればだれでもできますので一度挑戦してみてください。

浣腸オナニーとは?

「浣腸オナニー」と排便と射精を同時にすることを指しています。

オナニーをして射精する瞬間は当然快感を味わいますが、排便したときにも快感を覚えると思います。

特に排便を我慢してどっさり出た瞬間は普通の排便よりも快感を感じるという人は多いのではないでしょうか。

浣腸オナニーはこの「排便」と「射精」を同時にして2倍の快感を味わうというオナニーです。
これは意外と知られていませんがやってみると病みつきになると思います。

浣腸オナニーのやり方3STEP!

STEP1:まずは浣腸を購入する

浣腸オナニーに使うのは浣腸だけですので、薬局などで浣腸を購入してください。

普通のイチジク浣腸などで問題ありません。
この浣腸をもってトイレに入り、お尻に浣腸を注入します。

STEP2:ウンチを我慢しながらアソコをシコシコ

次はいつも通りアソコをシコシコしますが、浣腸を注入するとすぐに便意が増してきます。

これをギリギリまで我慢して射精と同時に排便しますが、慣れるまでは射精までに排便してしまうことがあります。

STEP3:あらかじめシコシコしてから浣腸しよう

初心者は射精の前に我慢できなくなり排便してしまいますので、あらかじめアソコをシコシコして勃起させた状態で浣腸を注入します。

こうすると射精と排便をコントロールしやすくなります。

浣腸オナニーの注意点

浣腸オナニーはとても気持ちいいのですが、やりすぎには注意が必要です。
浣腸は便秘の人排便を促すために使う薬品ですので、毎日排便がある健康な人が使うのがあまりよくありません。

使いすぎるとそれに慣れてしまって浣腸なしでは排便できなくなってしまうからです。
ですので浣腸オナニーは多くても1月に2回くらいにしておくのが無難だと思います。

また言うまでもなことですが、必ずトイレで行うようにしましょう。

浣腸オナニー体験談:2倍の快感を味わえる浣腸オナニー

「浣腸オナニー」は私もたまにしますが、便意が強いときに行うのはあまりよくありません。
まずはアソコを少しシコシコして少し勃起させておくのがポイントです。

この状態でトイレに入り浣腸を注入します。
その後はアソコをシコシコしますが、浣腸を注入してから大体1~2分で便意が出てきますので、我慢の時間を含めて3分くらいで射精と排便するように時間を調整します。

最初はこの時間調整がうまくいかず射精の前に排便してしまうことがありますが、2~3回すると時間調整もうまくいくようになります。

射精と排便を同時に行うと快感が2倍になるのは一度やると病みつきになってしまいますが、やりすぎはくれぐれも禁物です。

浣腸オナニーはM気質の男性におすすめ

普通のオナニーに飽きてきて何か新しい方法を開拓したいという人は「浣腸オナニー」はおススメです。

排便と射精を同時に行うという今までありそうであまり思いつかなかったオナニー方法です。

イチジク浣腸を薬局で購入して、アソコをシコシコして少し勃起させてからイチジク浣腸を注入して、再度シコシコして射精と排便を同時にすると快感が2倍になります。

特に排便してどっさり出たときに快感を覚えるMな人にはこの浣腸オナニーはおススメだと思います。