【男性必見】ジャンクセックスで実は女性を悲しませてる?原因と注意点を解説!

セックス

昨今の情報過多のおかげで出会いの幅も広がり色々な人とセックスが出来るようになったおかげで、ジャンクセックスという言葉をよく聞くようになりました。

ヤリたい、イキたいの気持ちが先行し自分本位なセックスを繰り返す中で、相手への気遣いを忘れてしまったが故の結果です。

セックスをコミュニケーションととらえていないと、夫婦間や恋人間であったとしても起こりえます。

あいてを気遣っているフリをしても性処理の為だけに使われると関係性にヒビが入り兼ねません。
そんな昨今のジャンクセックスについて理解をしやすく説明します。

ジャンクセックスとは

そもそもジャンクセクスとは射精やイクだけの為に、相手の体を使ったセックスで、そこに気づかいや愛情というものはなく、対義語としてはよくスローセックスが挙げられることが多くあります。

ジャンクフードが栄養を欠いているとわかっているのに食べるように、気づかいや愛情がなくても射精をしたいからセックスしているだけで、セックス行為としては技術もムードも必要なくまさにジャンクの名がふさわしいです。

アダルトビデオで自分本位なセックスが多い影響等もあってか、日本人には意識せずにジャンクセックスをする人が多良そうです。

ジャンクセックスのやり方

イメージとしては普通のセックスと異なり相手の体を使ったオナニーです。

挿入することでの触覚をメインとした性感の高まりで射精を目的とします。
一緒に気持ちよくなりたいとか、相手にもイってもらいたい事が目的ではないので、やり方については相手さえ入ればハードルはかなり低く簡単な部類です。

場所も選ばずホテル、自宅、外だろうと関係なくすることが出来ます。
また相手に対して特別な感情を抱いてなくても出来るので、ジャンクセックスに至るハードルは低いものになります。

ワンナイトや行きずりの関係でもジャンクセックスは楽しむことが出来ます。
行為内容としては、一連の流れにあるような、胸や性器を指や口で愛撫し、濡れたのを確認したら、すぐさま挿入し腰を打ち付け射精に至る。

この、あるあるの流れでもジャンクセックスに近いものがあります。
仮に好きな相手を好きな感情でセックスしているから違うと思っても、
コミュニケーションのセックスで一方的は気持ちを出しても意味がないです。

ムード作りから、女性の性感を高めるために時間をかけ行動が感性に刺激を与えないといつまでたっても独りよがりのセックスです。

ジャンクセックスの注意点

当然相手に嫌われる覚悟が必要になります。

当たり前ですが自分本位での射精感を満たしたいだけなので、行為自体もそれに至るまでの経緯や後のフォローが粗雑になる恐れがあります。

射精の為に利用するにしても、セックス以外では優しさや気づかいを見せて相手の心を調整したほうがいいです。

また、呼べば応じる相手がいたとしても、サクッと終わらせるの為だけのジャンクセックスだからと言って避妊は怠らないようにした方がいいです。

相手が不特定多数の男性と関係があるなら病気も怖いですし、望まぬ妊娠になれば自分に責任問題も生じる恐れが大いにあります。

ジャンクセックスの体験:男性は要注意

セフレの関係の人が職場に時期があり、何となくムラムラしたときに相手の家に寄りセックスだけして帰る時があります。

一緒に帰ってすぐにシャワーを浴びてベッドインして前戯もほとんどせず、濡れたことが確認出来たら挿入して自分が早くイク為だけに腰をガンガン動かして射精していました。

終わった後はベッドでイチャイチャするでも、お茶を飲んで話をゆっくりするでもなくすぐに服を着て帰ることを繰り返していました。

相手の好意を利用しての性処理としてしか考えていなかったので、相手に他に好きな人が出来た瞬間に当然、関係を切られてしましました。

セックスをコミュニケーションの一つととらえていなくて完全気持ちのいいオナニーだったので、相手にしても何のための時間なのだ?という疑問があったかと思います。

ジャンクセックスは女性に嫌われる原因になる

自分のペースで感じれて、イキたいときに好きにイク事ができます。

それに相手の体が使えるわけですから、気持ちいいのは非常に気持ちがいいです。

特にややこしい人間関係を嫌がる人には都合がよく細やかな気配りも、相手もセックスを楽しめているかどうかや、感じているかどうかを気にする必要がないので、100%自分の快楽に集中することが可能です。

しかし、あくまでセックスによる触覚だけの性感という限界はあります。

感情が入り込んで時間をかけてするセックスも、相手と一緒に感情から性感を高めれるので別格の気持ちよさがあるのも事実なのでそちらも体験して比べてみても面白いです。