ガバマンの基準と共通する5つの特徴!気持ち良くなくても無理やりイク方法は?

マンコの種類

素人女性、風俗嬢と相手が誰にしろ、男なら最後はセックスしたいですし、合体したいのが本音ですよね。
しかし、最後の最後と言うとき、相手女性のアソコがガバマンの可能性もあります。
体質的な問題もありますが、ガバマンとの行為はあまり気持ちよくないですよね。

そこで、少しでもガバマンの可能性がある女性の見分け方や注意点を紹介してきます。
これらが少しでも、男性の皆さんの性生活の参考になれば幸いです。

ガバマンとは?

ガバマンとは女性器が、とても緩い事を指しています。

男性の短小や、女性の胸のペチャパイなどの、女性器版だと捉えると分かり易いですね。

ズボンや洋服などがサイズ大きくユルユルの際、方言でガバガバと発する地方があると思います。
そこから、「ガバマン」と言う言葉が広まったと記憶しています。

正確な定義はないですが、女性器に指三本を入れて、それでもユルユルならガバマンとして、間違いないでしょう。
しかし、ガバマンでも感じやすい子もいますし、男性器が平均の倍ぐらい太ければ、ガバマンでも問題ないですね。

ガバマンを見分ける特徴5つ

ガバマンを見分けるのに、確実なのは実際に行為をするしかないですが、一般的に言われているものと、個人的な経験からのものを紹介します。

以下が絶対ではないですが、見分ける参考にはなると思います。

特徴1:年齢が高い

まずは年齢高い女性は、ガバマンの可能性が高いです。

それだけ経験豊富ですし、処女など若い子よりは、多くの男性器を挿入させた実績があります。
20代などの若い男性が、40代や50代と経験したら、ガバマンだと思ってもおかしくありません。

特徴2:出産経験がある

先ほどの続きとなりますが、出産経験がある女性もガバマンの可能性高いです。

特に数人の出産経験があるなら、見た目が若くても、ガバマン率が高いです。
さらに、その子供がまだ赤ちゃんや園児なら、若いママでもガバマンの可能性がアップします。

特徴3:太っている

難しいのは太っている女性です。

これは両極端で、ガバマン率も高いですが、反対のキツマン率も高いのです。
まるでギャンブルの様ですが、経験則から普通よりもこの両方が本当に多いです。
さらに深読みすると、子供時代から太っているとキツマン、大人になり太るとガバマンとなります。

特徴4:遊び慣れている

遊びなれている女性は、最初に紹介したのと同じ理由で、男性器を何十人分も挿入すれば、それだけ使う事で自然とガバマンになります。

男性の中には、巨根の人もいますし、そんな人と何度も行為すれば、ガバマンにならない方がおかしいですよね。

特徴5:汗を掻き難い体質

最後も経験からですが、汗を掻き難い女性や手足が冷え性だと、ガバマン率が高いです。
血行が良いと、汗を掻き易いですよね。

健康だと血液も流れやすいですし、アソコも締まりやすいものです。
少し極端な意見ですが、極度に冷え性な女性はガバマンだと思っても、その直感は当たるでしょう。

ガバマンとヤル際の注意点

初めての性行為の相手が、ガバマンだと知るとガッカリしますよね。
しかし、何事もプラスに受け止めるべきです。

まず、ガバマンで感度も悪いなら最悪ですが、感度が良くて濡れやすく感じやすいなら良しとしましょう。

次に、ガバマンでも攻めるのが上手なら、これもOKです。
さらにガバマンでも、この様なタイプもいるので、焦る必要はありません。

肝心なのは、挿入と腰フリですが、ここは自分も気持ち良くないですし、相手はさらに気持ち良くないかと不安になりますよね。
ですから、バックは止めて、反応確かめられる正常位で攻めましょう。

ガバマンの体験談

何度もガバマンと経験ありますが、今では感謝しています。

最初は自分のアソコが極端に小さいのでは、と不安になりましたが、何度も経験すると、腰フリ以外のテクニックを覚えるようになります。

ガバマンをイカせるようになると、殆どの女性との行為が楽に感じます。

自分のテクニックが未熟だと不安に思う男性ほど、ガバマンと性行為をした方が良いですよ。
それと、ガバマンが浮気をせずに、あなたとだけ長期間付き合うと、自然とキツマンは無理でも、平均ぐらいのアソコに戻る事があります。

まとめ

以上がガバマンの見分け方や体験談となります。

確かに、一度も性行為経験がない若者が、ガバマンに当たるとショックを受けるでしょう。
しかし、実際のガバマン率は、経験上20%以下だと思います。
また、30代以下の女性なら、ガバマン率はさらに下がります。

だから安心して、女性と性行為を楽しんで下さい。

それでも不安なら、ガバマンの見分け方や、性行為の注意点を参考にすれば、基本は大丈夫ですよ。
もし、あなたが巨根なら、ガバマンも居なくなるでしょう!