アニリングスの快感を高める方法は?パートナーを上手く誘導するテクニック!

アニリングスとは、名前を聞いて理解できなくても、普段の性行為では今や当たり前となっているテクニックの一つです。

簡単に言うと、これは相手の肛門を舐めたりローション等で触ったり、時には異物を挿入し、刺激を与えて興奮する行為です。

性行為に長けてくる人ほど、このアニリングスを効果的に使っています。
では、どのように行為したり、どんな事に気を付けるべきなのか、その注意点や気持ちよくする方法などを解説させていただきます。

アニリングスとは?

アニリングスとは肛門に刺激を与え、それを快楽に転換する行為です。

もし、聞いてもピンと来ないなら、男性向けのアニリングス専門の風俗店が数多くあるので、一度足を運んでみると良いでしょう。

言葉での説明よりも、実際に体験する方が理解しやすいからです。
アニリングスの特徴として、男女関係なくどちらも感じられるスポットという面があります。

これは実はとても画期的な事で、女性に対して攻めるのが好きな男性も、実はアニリングスを責められると感じやすいという一面が垣間見れ、逆もあるのです。

アニリングスのやり方:まずはアナル周辺を舐めてもらう

では、アニリングスのやり方について説明してきます。

男性の多くは、一度ぐらいは風俗で遊んだことがありますよね。
最近の店は、アニリングスの一つであるアナル舐めは定番プレイとなっています。

お店によっては、別料金を取らず最初から標準料金に入っている場合もあります。
しかし、風俗店では体験しても、現実の彼女や奥さんとは難しい場合もありますよね

その時には、アナルを舐めてなど直接の表現は避けましょう。

あなたの方から、彼女のアナルを軽く指タッチするなど、ソフトにじゃれ合う延長の様に少しずつ抵抗を減らしていくのです。

最初はパンツの上からなどで、まったく問題ありません。
そして、性行為になった際には、アナル周辺を舐める事に抵抗がないまで、ガードを下げさせるのです。

これが出来たら、後は直接舐めても問題がないと思います。
コツとして、反応を見ながら優しく舐め、本気だと思われないように息を吹きかけるなど、タイミングをずらすのも有効です。

これを何度も繰り替えすと、徐々に相手も同じことをあなたにしてきます。

アニリングスの注意点:パートナーに冗談っぽく確認する

いくつかの注意点として、最初はきちんとお風呂に入ってから、行うようにしましょう。

アニリングスに拒否反応を示す人は、肛門イコール汚いものと、過剰に思っている場合があります。
ですから、シャワーを一緒に浴び、体を洗ってあげる流れの中で、軽く触って反応を確かめる手もあります。

また、舐める事はOKでも、指入れや男性器挿入は、拒否されるどころか、一気にムードが悪くなる場合があります。

ここに関しては、さらに階段を上る事になるので、初めての相手なら直接言葉で確認する方が良いでしょう。
拒否されても良いように、明るく冗談っぽく聞いてみて下さい。

【アニリングス体験談】アナル舐めしても、臭いなど不快な気持ちにはならない

アニリングスの相性が良い相手と行為すると、その後の関係がさらに深まります。

これは間違いない事実で、肛門は確かに一番汚い部分ですが、それは自分も相手も同じですよね。
それをキスする感覚で、躊躇なく舐める事ができ、相手もしてくれると本当に結びつきが強まるのです。

経験上、アナル舐めは遊び相手に対してはした事がありません。
好きな相手としか行わないですし、あまりしたいとも思いません。

これは相手もそうだと思うので、アナル舐めしても、臭いなど不快な気持ちにはならないのです。
それとアナル舐めをする際は、両手で膝なども触りつつ、緩急を付けるのがコツとなります。
そして間違っても、終わった後に急いで口洗いや唾を吐きだす様な行為は控えて下さい。

アニリングスは気持ち良い

肛門舐めなどアニリングスにハマってしまう理由として、拒否する女性や男性ほど、舐められるととんでもなく感じるのです。

それは経験がないから当然の反応なのでしょう。

逆に、拒否した相手をなんとか説得し、肛門を人舐めし、それで無反応だと少し空しくなります。
気を付ける点として、これは簡単に舐めても気持ちよくなるので、自分のテクニックが上達したと勘違いをしてしまうのです。

これはあくまでも、アナルやその周辺という特別な感じやすい場所という事を忘れないで下さい。
決して、あなたの舌舐めテクニックが上達した訳ではありません。